a
ホーム | サイトマップ | プライバシーポリシー | リンク・著作権・免責事項 | お問い合せ
その他報告 レポート
過去に行なわれたファイナルステージを考える会以外の活動の報告です。

アドバンス・ケア・プランニング

■開催日 2020年10月3日(土)
■場所  エルガーラオフィス6階『久留米大学福岡サテライトルーム』
■講師  国立病院機構九州がんセンター  緩和ケアセンター
       副看護師長・緩和ケア認定看護師 泊 由布子さん    

♪2020年10月の拡大定例会のご報告をいたします。
 2020年度のテーマは、“アドバンス・ケア・プランニング(ACP) ”です。ACPは『自分が大切にしている価値観や望む治療・ケアを、家族や医療関係者と繰り返し話し合って共有しておく』というものです。
 今月は、“医療従事者(看護師)の立場から” 国立病院機構九州がんセンター  緩和ケアセンター 副看護師長・緩和ケア認定看護師 泊 由布子さんにお話していただきました。

  とても判り易く、皆さんに好評でした。たくさんのスライドからピックアップしてご報告しました。

  内容
   1.アドバンス・ケア・プランニングとは
   2.なぜ、必要なのか
   3.上手く治療を続けるためのコツ
   4.当院のアドバンスケアプランニングの紹介
   5.チームや地域と一緒に取り組む意思決定支援


尚、今回も初めての方が参加されました。

 


おすすめ紹介
A5判 284P
(本体1800円+税)
A5判 104P
(本体952円+税)
Copyright (C) 2005 The meeting which considers a final stage. All Rights Reserved.