♪6月の定例会の報告をいたします。
“癒しとリラクゼーション”というテーマで、福岡大村美容ファッション専門学校講師の新原涼子さんにリラクゼーション体験と実習のご指導をしていただきました。
 福岡大村美容ファッション専門学校は3年前にエステティック科を立ち上げ、日本ではまだ珍しい、学生たちが運営するエステティックサロン「コフレ」を開設しています。
このエステティックサロン「コフレ」において、今回ファイナルステージを考える会としては初めての試みとなる、『参加者がマッサージの施術を体験する』ことになりました。
まず、新原先生のお話から始まりました。
「表皮と脳は遠い関係に感じますが、実は受精卵の外肺葉から発生しており、脳を心と捉えますと、皮膚をマッサージするで、心をマッサージしていることと同じことです。手には想いを伝える不思議なパワーがあります。「手当て」も同じような言葉だと思います。」
 参加者全員、その説明を聴くとマッサージへの期待がいやがうえにも盛り上がりました。参加者を2グループに分け、所用時間50分のマッサージを交代で受けることになりました。マッサージのメニューは事前に選択していただき、フェイシャルコースは[クレンジング→マッサージ→保湿パック]、フットコースは[ハーブフットバス→膝下アロマオイルマッサージ→スクラブ(角質ケア)]でした。
1グループが施術してもらっている間、他の参加者は、アロマグッズを作りました。入浴剤やハンドクリームなどは店頭で購入するものと思っていた私たちは、その作り方の簡単さと、天然素材のみでできてしまうことを知り、驚きの連続でした。以下その作り方も併せて皆さんにお教えしましょう。
・バブルバス(入浴剤)の作り方:重曹とクエン酸を2対1の割合でビニール袋の角になった部分に入れてよく混ぜる。その中に精油を1,2滴垂らす。固まったら出来上がり。
・ハンドクリーム:スイートアーモンドオイル(植物性のオイル)5ccにミツロウビーズ3粒を湯煎し、精油を1,2滴たらす。
・リップクリーム:上記と同じでも良いがミツロウビーズ4粒にする。(ミツロウが多めのほうが硬くなる)
 マッサージが終了して戻ってきた参加者の方々は、満面の笑顔で(もちろん、それなりに美しくなられていました!) 、「気持ちが良かったー」を連発されていました。アロマグッズも学生さんのご指導のもと、皆さん真剣に作成し「今夜、これ(バブルバス)を入れて入浴してみよう」「このハンドクリームの香り素敵!」と精油のパンフレットに関心を示す方ありと、様々に体験型定例会を楽しんでいらっしゃいました。
 後日、施術をしてくださった学生さん達の感想を新原さんより聞くことができました。『学生は、通常のお客様とは、違った意味で緊張したようです。どうすれば場が和むか、楽しんでいただけるかなどを意識したそうです。男性の方の変化に学生たちも感動したそうです。』そして、新原さんは、「『触れる』ことが、こんなにも人の心に大きな変化をもたらすのだということを実感し、改めて自分たちがやろうとしている仕事の本質を知る機会をいただき感謝しております。」と感想を言っていただきました。
 当会の活動の大きな柱でもある『ハウトケア』にも通じる大切な体験になりました。